IMG_7294

手作りカーテン*あなたの窓に運命の一枚を fromSanFrancisco

By DIY RECIPE, 2014年7月20日

お部屋のカーテン、どのようなものをお使いですか?色、柄、質感、サイズ、遮光性・・・カーテンの要素一つで部屋の雰囲気が決まってしまうと言っても過言ではありませんよね。そして本当に気に入るカーテンに出会うのには一苦労です。仕方がない、簡単に出会えないなら作ってしまいましょう!今回はアメリカ西海岸から届いた素敵な手作りカーテンのDIY RECIPEをご紹介します。

お手本はEmilyです

数々のブログや本で、そのクリエイティブなライフスタイルが紹介される人気スタイリストEmily chalmers

chalmers_franke_37741s-742504
source:from-london-with-love.com

そんなemilyの部屋がサンフランシスコ発のライフスタイルブログSF GIRL BY BAYのなかで紹介されています。彼女が自身のホームオフィスにかけたカーテンがこちら。

カーテン
source:sfgirlbybay.com

大判のスカーフを縫い合わせて作った、なんとも個性的で可愛らしいカーテン!

柄も色も厚みもバラバラのスカーフが縫い合わせてあり、その非統一感がインテリア上級者のテクニックを感じさせます。インパクト十分で部屋のアクセントになっていますよね。

こちらはお店ですが、同じくemilyのスタイリング。

7799371ec414563102af92024c0e3446
source:decor8blog.com

a3c323a4a5931d32fce960b694976371
source:decor8blog.com

4db90ccb0f92197579539616d5b4021f
source:decor8blog.com

 

通なインテリア「ボヘミアンカーテン」

emilyのようなカーテンは「ボヘミアンカーテン」と呼ばれていて、欧米のインテリアにこだわりを持つ女性たちの間で密かに愛されています。

94b45071e2bb9693ee39a62672f51ec3
source:tobemrscollier.com

カーテン5
source:flickr.com

1a4942bef7f11d721668954c3ee95860
source:copyepaste.com

カーテン2
source:flickr.com

遮光性は低いので寝室には向かないかもしれませんが、リビングやトイレの窓、もしくは空間を仕切るためのカーテンとしてはピッタリのアイディア。

そしてなにより、長年クローゼットの奥で出番を待ち続けている可哀想な「タンスの肥やし」たちに、文字通り光をあてるチャンスです!

派手すぎて使い所がわからないスカーフ、柄は気に入っているけれど形が流行遅れになってしまったスカート、シミが付いてしまい泣く泣く着ていないブラウスなど・・・女性ならだれしも心当たりがありますよね。

カーテン2
source:etsy.com
カーテン
source:etsy.com

カーテン3
source:etsy.com

もし手持ちの生地がなければ、母親のクローゼットのなかに案外いい掘り出し物が見つかるかもしれませんし、古着屋さんにいけばカーテンのパーツになる魅力的な生地のスカートやワンピースが手頃な値段で手に入るはずです。

縫うのが億劫でも、小型ミシンを購入すれば気軽に縫い合わせることができます。

 

また、肝心の取り付け方はカーテンレールの種類によって異なります。

横向きにポールが通っているだけのシンプルなタイプであれば、カーテンクリップで布を挟んでから直接ポールに引っ掛ければOKです。

途中途中に仕切りがある一般的なカーテンレールの場合は、布に専用のアジャスターを縫いつけてランナー(レールの下部にはめ込んである小さな穴のこと)に引っ掛けるか、ランナーに引っかかるタイプのカーテンクリップを使いましょう。

 

生地探しから初めて、それが終わったら生地の配置を決め、毎週末こつこつ縫っていく。お気に入りの一枚を作る期間も楽しそうです。

 

”運命”はあなたのそばにある

カーテン探しは恋人探しにも似てなかなか一筋縄ではいきませんが、「運命の一枚」は意外とあなたの近くにいるかもしれません。クローゼットの奥の方には未来のカーテンが待っているはずです。

ぜひemilyをお手本に、あなただけの素敵な1枚を手に入れてください。

{おすすめDIYレシピ:布を使った手作りのアイディア}
簡単かわいいDIY♥リボンと布きれでラグをつくるアイディア
天蓋ベッドルームの作り方*永遠の憧れDIYで叶えましょ♡